羽田空港へ国際線の飛行機を見に行った~2012年夏乗り鉄旅行記(4)

前回の続き、旅行3日め早朝から今回の話を始めます。
「乗り鉄旅行記」といいながら今回は乗り鉄の話は出てきません。悪しからず。

2日めは京浜急行大森海岸駅前のカプセルホテルに泊まりました。
で、3日めの朝、大森海岸駅5時11分発の始発電車で羽田空港国際線ターミナルへ向かいました。

一昨年の秋新築されて店舗が話題になった羽田空港国際線新ターミナルビルですが、私の興味はお店には全くなく、欧米の航空会社の飛行機を見に行ったのでした。
今回の旅行2つめのメインイベントです。
羽田空港の欧米便の発着はすべて深夜と早朝にかたまっています。
深夜は光量不足のため写真撮影がしにくいので、早朝の羽田空港を目指したのでした。

始発の京浜急行は金沢文庫行きなので京急蒲田で羽田空港行きに乗り換えます。
この羽田空港行き、かなり混んでいました。早朝便に乗る乗客の他に、空港で働く人もたくさん乗っているのでしょう。

5時40分には展望デッキに到着しました。

まずはボーイング787をはじめてこの目で見ました。
エプロンの北の駐機場に止まっています。
画像


スポットにも1機いました。
画像


次に到着便が1機。
シンガポールからの全日空機です。
画像

なんかデカいウイングレットがついてるなあ、と思って帰宅後調べたらボーイング767の新バージョンでした。
ウイングレット付きのB767があるとは知りませんでした

さてお目当てはこの機材。
関西では見られないブリティッシュ・エアウェイズのボーイング777です。
画像

この機材は時刻表では4時55分に到着、1時間半後の6時25分にロンドンへ向けて出発します。
ボーディングブリッジのあるスポットが空いていなかったようで、沖止めで現在搭乗中のようです。乗客用のバスとタラップが見えます。

出発便ですが、まずは6時10分発のアシアナ航空、大韓航空のいずれもソウル・仁川空港行きが出発していきます。
この便に乗るためにはいったい何時に空港に来てチェックインしないといけないのでしょうか?
前夜からチェックインできるのかな?(ターミナルビル自体は24時間開いているようです)
画像

画像


次にブリティッシュ・エアウェイズのロンドン・ヒースロー空港行きが出発します。
出発の模様は動画でどうぞ。


この動画を撮っている間に、6時55分発のデルタ航空デトロイト行きがすでに滑走路へのタキシングを始めていました。
なので慌てて撮影。
画像

しかし、デルタ航空はノースウエスト航空と合併したせいで今や関空でも普通に見られるので慌てて撮影しなくてもよかったかな?

続いて第2のお目当て、関空では見られないアメリカン航空の機材が出発していきます。
6時50分発のニューヨーク・J・F・ケネディ空港行きです。
画像



この時間帯、アジア便も出発していきます。

シンガポール航空のシンガポール行き。
画像


チャイナエアラインの台北・松山空港行き。
画像

羽田空港からは国内線の四国・松山行きも飛んでいましてややこしい…
ことはないですね、きっと。
台北松山行きに乗る人は「台北に行く」、四国松山行きに乗る人は「松山に行く」と思っているでしょうから。

駐機場にはエバー航空(台灣)の「ハローキティジェット」がいました。
画像


これも駐機場にいた中国国際航空の機材が、スポットが空いたのでトーイングカーに引っ張られてやって来ました。
8時30分発の北京行きです。


ここまで撮影して羽田空港を後にしました。
旅行記はまだまだ続きます。といってもあと2回か3回ですが。

(おまけ)
スポット案内。
帰宅後調べてみると107番スポットは総2階建てのエアバス380に対応できるようです。
画像


出発するBA便を撮影中、スターフライヤーの便が着陸しました。
画像


ターミナルビル4階に上がるとピカチュウが天井からぶら下がっていました。
画像




検証・羽田空港—ハネダ・エアベースから跡地53ヘクタールまで
早稲田出版
有川 靖夫

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 検証・羽田空港—ハネダ・エアベースから跡地53ヘクタールまで の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ぼくは航空管制官 2 東京ビッグウイング コンプリート
エレクトロニック・アーツ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ぼくは航空管制官 2 東京ビッグウイング コンプリート の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ぼくは航空管制官3東京ドリームゲートウェイ [ダウンロード]
テクノブレイン

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ぼくは航空管制官3東京ドリームゲートウェイ [ダウンロード] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック