ドイツ製電車「レトラム」に乗った

福井日帰り乗り鉄旅行、あと1回だけ続けます。
最後は想定外の電車に乗れた話。

越美北線で九頭竜湖駅を往復して、間もなく福井駅到着というところで雨が降り始めました。
これは先にえちぜん鉄道の新幹線高架区間に乗っといて良かったとつくづく思いました。

ところが、福井名物ソースカツ丼と越前おろしそばのセットの昼食を食べ終わると雨が上がりました。
そういうことならもう一度えちぜん鉄道に乗っておこうと、再度えちぜん鉄道福井駅へ。
次の電車が三国港行きだったので途中の田原町まで乗り、田原町から福井駅前まで福井鉄道の電車で戻ることにしました。

線路の接続工事をしている田原町駅で福井鉄道の小さな電車に乗り換え、少し走ると…
なんかヨーロピアンな電車とすれ違いました
とりあえず市役所前駅で乗っている電車を降り(ここからJR福井駅まではすぐ)、駅掲示の時刻表を見ると今まで乗ってきた電車の約10分後にさっきのヨーロピアンな電車が臨時列車として来るようです。

ということで早足で1つ手前の仁愛女子高校駅へ戻り、ヨーロピアン電車に乗りました。
画像


この電車、「レトラム」という愛称がついています。
画像


車内はこんな感じ。
画像


実はこの電車、全くノーマークではなかったのですが、事前に福井鉄道のウェブサイトを見てみるとこの日は一部運休と書いてあったので、まあどうでもいいやと考えました。
それがたまたま、乗り合わせることができたわけです。

吊り掛け電車なら終点の越前武生まで乗ったと思いますが(ダイヤ的には途中の赤十字前でいったん終着になり別の列車として越前武生まで走ります)、そうではなかったので2駅だけ乗って福井駅前でさようなら
画像


福井駅からは予定より1時間早い普通列車で帰途に着きました。

帰ってからよく調べると、この「レトラム」はドイツ・シュツットガルトを走っていた路面電車で、土佐電気鉄道を経て昨年4月から福井鉄道でときどき走っているようです。
うまい具合に乗り合わせることができました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック