和歌山おでかけきっぷ

前回のつづきです。

前々回に書いたパークO和歌山大会へは、南海電車の「和歌山おでかけきっぷ」を使って行きました。
画像


大阪から和歌山市駅までの単純往復なら元が取れないのですが、このきっぷには和歌山バスの1日フリー乗車券が付いています。
画像

大会会場へは和歌山市駅からバスに乗らなければならず、その運賃が片道300円あまりかかるので、その点を考慮に入れるとお得になります。

自由席利用なら2060円なのですが、2570円出すと往復特急サザンの指定席に乗れます。
指定席料金片道分(510円)を足すだけで往復指定席に乗れるのでかなりお得です。
ということで指定席利用にしました。

さて、特急サザンに乗るなら新型のサザン・プレミアム12000系に乗りたいところ。
従来の10000系はかなり内装がくたびれてきてますし…
休日のサザン・プレミアムの運用は決まっていて、大会のスタート時刻にちょうど都合のいい列車がサザン・プレミアム使用だったのでありがたく乗らせていただきました。
なんば駅で乗車前にパチリ。
画像


前回記事の雑賀崎観光も、正直言うと和歌山バス1日フリー乗車券が付いていたので行ってきたのでした。
あんなに疲れるとは思ってもみませんでしたが…

帰りもサザン・プレミアムを狙って和歌山市駅に戻りました。
それが少し早めに着いて、乗車予定の1本前の特急に間に合ったのですが、それがサザン・プレミアム使用。
列車の現物をこの目で確かめてから指定席をとって、帰りも快適に帰ってきました

この「和歌山おでかけきっぷ」、和歌山市内をバスを使っていろいろ回るつもりならお得ですので、ぜひご利用ください。
明日はこのきっぷを使うよ、と前日にツイートしたら「それを見たので」ということで大会参加者の知人が2人もこのきっぷを使っていました。ツイッターの威力は絶大です(大げさ)


なお、指定席利用の「和歌山おでかけきっぷ」は、購入時に往復とも座席をしておかなければなりません。
行きはともかく帰りの時刻はわからないことも多いだろうから不便な方式だな、と思っていたら購入時の窓口氏もそのへんはよく分かっているようで
「帰りの時間はわからないでしょうから、とりあえず最終列車の指定席をとっておきます。列車の変更は出来るので和歌山市駅でまたしてください。」
との案内をいただきました。

で、その言葉にしたがって和歌山市駅で列車の変更をしたわけですが、これがなかなかの力技で、窓口氏は元の復路指定券と同じ号車・座席を指定して指定券を券売機から発行し、その券はこちらにくれずに元の券の発車時刻を手書きで訂正して
「同じ座席に座ってくださいね」と言って返してくれました。
証拠写真を貼っておきます(座席番号は隠させていただきますが、ここは手書き修正なし)。
画像

元の券片を乗客に渡しておかないと「和歌山おでかけきっぷの復路券である」ことがわからなくなって運休時などのトラブルの際のきっぷの処理がちゃんとできなくなるからなのかな、と思ったりしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック