東海道藤川宿を歩いた

前回のつづきです。

名鉄藤川駅に着いても、オリエンテーリング大会のスタートまでまだだいぶ時間がありました。
そこで、会場に大きな荷物を置いて、すぐ近所の東海道藤川宿を歩いてきました。
藤川宿は去年歩いた赤坂宿の隣です。

グーグルマップで当たりをつけて、だいたいこの辺が藤川宿の中心かな、というところをまずは目指しました。

東海道は会場から名鉄を越えて少し南に行ったところにあるのですが、会場からはまずは名鉄を越えずにしばらく東へ、そこそこ広い道に当たってから右折して名鉄の踏切を渡って東海道に出ました。
ちゃんと「東海道」という石碑が立ってましたよ。まだ新しいものですね。
画像


そこから東海道を少し東に行くと、藤川宿の中心っぽいところに出ました。
車の走っている道が東海道。
現代基準では狭いです。
画像


ここの斜め向かいに「藤川宿資料館」がありました。
脇本陣跡とのこと。
画像


鍵は掛かってなさそうでしたがなんとなく入りづらかったので隣の本陣跡を見に行きました。
こちらは門と制札が再現され、奥は広場として整備されていました。
画像


本陣跡広場の奥から名鉄の線路を眺めてみました。
電車が通るまで待って、電車を入れた写真を撮ればよかったと今頃後悔しています。
画像


本陣跡から少し東に残っている米屋。
もっとも今は米屋はやっていないようですが。
画像


オリエンテーリング大会のほうのスタート時刻が迫ってきたので、この後は会場に近い西の方へと東海道を歩きます。

小学校の南側に、宿場の西の端「西棒鼻」の跡がありました。
宿場の出入口を「棒鼻」と呼んだそうです。
画像


京都の伏見に「棒鼻」という地名があり、昔から「面白い地名だな、どんな由来なんだろう」と思ってはいたのですが調べずにこの日まで過ごし、この日偶然、伏見の棒鼻の意味も理解しました。
伏見の棒鼻は昔の伏見の町の北の端にあり、伏見は京から大阪へ向かう街道の宿場町でしたから。

この「西棒鼻」のあたり、昨年行った御油の松並木ほどの趣は感じられませんが、松並木が残っています。
もう少し西へ行ってから東を向いて撮影してみました。
画像


さらにに西へ少し行くと松尾芭蕉の句碑が。
画像


もう少し進むと一里塚跡がありました。
ここは看板があるだけで、塚は跡形もありませんでした。
画像


このあたりで時間切れ。
会場に戻って出走準備をしてオリエンテーリング大会のスタートに向かいました。

"東海道藤川宿を歩いた" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント