テーマ:切符

和歌山おでかけきっぷ

前回のつづきです。 前々回に書いたパークO和歌山大会へは、南海電車の「和歌山おでかけきっぷ」を使って行きました。 大阪から和歌山市駅までの単純往復なら元が取れないのですが、このきっぷには和歌山バスの1日フリー乗車券が付いています。 大会会場へは和歌山市駅からバスに乗らなければならず、その運賃が片道300円あまりかか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南海フェリーに乗ってみた

前記事で書いたことでん夕涼みレトロ電車、行き帰りには青春18きっぷを使いました。 帰りは時間の都合で素直に瀬戸大橋・岡山経由で帰るしかなかったのですが、行きも同じルートではつまらんと思い、和歌山と徳島を結ぶ南海フェリーに乗って行くことにしました。 この航路にははじめて乗ります。 和歌山港フェリーターミナルは南海電鉄和歌山港駅に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ことでん夕涼みレトロ電車

7月29日の日曜日、またまたことでんレトロ電車に乗りに行きました。 今回は「夕涼み電車」ということで夕方に高松築港~琴電琴平を1往復。 高松築港16時38分→17時56分琴電琴平18時49分→20時07分高松築港 というダイヤでした。 編成は3両編成で、琴平方から300号+120号+500号。 お約束の滝宮駅での写真を載せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紀州鉄道~紀伊半島一周乗り鉄記(2)

今回は前回のつづきです。 御坊でJRを降りて、紀州鉄道の撮影に行きました。 まずは御坊駅から700mほど離れた田んぼの中へ急ぎ足で歩きます。 西御坊行きのレールバス「キテツ-1」の走行動画を撮りました。 天気はよかったのですが風がかなり強く、動画にも風の音がかなり大きく入っています。 御坊市街地へと入っていく「キテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阿佐海岸鉄道と牟岐線~四国乗り鉄旅行記

JR牟岐線の終点、海部からさらに先に、阿佐海岸鉄道とという第3セクター鉄道が伸びています。 もともとは室戸岬を回って現在の土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線経由高知までの鉄道を建設する、という雄大な計画でしたが、徳島県側からは海部から2駅先の甲浦までしかできていません。 海部~甲浦間はJR発足後に開業しました。国鉄時代に建設凍結線…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐電気鉄道(2)~四国乗り鉄旅行記

土佐電鉄ははりまや橋を中心に東西南北の4方向に路線が伸びています。 後免町への東行き路線には乗ったので、あと西南北の路線に乗れば完乗です。 昼食後はりまや橋までぶらぶら歩いて行き、距離の短い南北線の電停に向かいました。 北方向の高知駅前行きの電車が出たところだったので、先に南方向の桟橋通五丁目行きに乗りました。 終点の桟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ごめん・なはり線~四国乗り鉄旅行記

四国乗り鉄旅行記、最初の記事で時系列は無視すると書きましたが、やはり時系列順に書いたほうがこちらも書きやすいと思い直しました。 そこで、行程に関わる話は時系列順に書いて、他のエピソードは順不同で適当に挿入ということにします。 今回は1日目の朝、高松から初グリーン車で高知に着いたあとの話です。 高知からは土佐くろしお鉄道ごめん・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の切符~レアもの切符

日本の切符、今日はなかなか手に入らないであろう切符を2種類紹介します。 まずは、平成の世にみどりの窓口で買った「手書きの」JR指定席特急券。 静岡県は三島駅のみどりの窓口で買いました。 沼津から御殿場線経由、松田で小田急に乗り入れて新宿に行く特急「あさぎり」の指定席特急券です。 座席番号の付け方がJRの方式と違うので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の切符~私鉄の硬券

久しぶりに日本の切符シリーズいきます。 今回は私鉄の硬券(ボール紙製の硬い切符)を新旧取り混ぜて紹介します。 (ここでの「私鉄」は国鉄・JR以外の鉄道とご理解ください) 新旧のうち旧の方からいきます。 まずは私が中学生時代の切符。 今はPiTaPaで乗れてしまう区間ですし、ICカードがなくても自動券売機で切符を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スカイライナーに乗ってみた。

前回の続きです。 ルフトハンザのA380撮影後、そそくさと地下の京成成田空港駅に降りたら、10時59分発のスカイライナーに間に合いました。 JR以外の私鉄ではクレジットカードで切符が買えないことが普通ですが(定期券購入や旅行会社での購入は別として)、さすがは外国からの玄関口になるスカイライナー、カード払いがOKでした。 そうし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿島臨海鉄道

全日本スプリント遠征記の続きです。 全日本スプリント大会の翌日は水戸から鹿島臨海鉄道大洗鹿島線経由で成田空港へ、飛行機の写真を撮ってから新スカイライナーに乗り、東海道線の在来線をひたすら西に乗り継いで帰宅、という予定です。 計画では水戸6時45分発の鹿島神宮行きにのる予定でしたが、早く目が覚めたので1本早い5時59分発に乗ること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひたちなか海浜鉄道

全日本スプリント大会遠征記に戻ります。 全日本スプリント当日。 JR勝田駅からバスで行くと会場の前まで連れていってくれるのですが、前に書いたようにひたちなか海浜鉄道で行きました。 勝田駅8時48分発のこのディーゼルカーで終点・阿字ヶ浦を目指します。 勝田から乗ったのは3~4人。途中数人乗り降りがあったのですが終点の阿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の切符~阪急電鉄の切符

国鉄の切符ばかり紹介するのもなんなので、今回は私が子供の頃から一番馴染みのある阪急電車の切符を紹介します。 手元にある一番古いタイプの普通乗車券はこれ。 自動券売機で発行されるもので、自動改札に対応できるよう、裏は磁気情報を書き込むため茶色です。 これ以前の、駅員が手売りしていたころの切符も覚えていますが、手元には残ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の切符~国鉄の硬券乗車券・料金券

久しぶりに日本の切符シリーズいきます。 今回は国鉄の硬券(ボール紙の切符)乗車券・急行券の紹介です。 中学生のころ、大阪から草津まで乗った時の切符です。 「記念にください」ということで草津駅の無効印が押してあります。 当時はこんな通勤区間でも硬券の乗車券を手売りしてたのですね。 いまは自動販売機での発券のみならずICO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ことでん旅行記~レトロ電車を撮った

14:18琴電琴平発のレトロ電車で高松に戻ります。 帰りはいろいろ撮影をしながら帰りました。 とりあえず、琴平から次の榎井(えない)駅までの前面展望の動画を撮りました。 滝宮駅では6分ほど止まるので、駅の外に出て、1926年の開業当時からの建物という駅舎を撮りました。 建物を撮ってもまだ時間があるのでレトロ電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の切符~国鉄の硬券入場券

子供の頃から電車に乗るのは好きでしたが、本格的に鉄道趣味にはまりだしたのは中学校1年生の時。 同級生が「これやってみーひん?」とJTB大型時刻表の「日本一周早回りクイズ」を私に見せたのがきっかけ。 昭和53年(1978年)10月ダイヤ大改正の号でした。 小型の時刻表は父親が営業職でよく出張していたため小さな頃から家に転がってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の切符~青春18きっぷ

今回は青春18きっぷの紹介をします。 新しいものから古いものへと順番にすることにします。 まず、これは現行のおなじみのやつ。 一部マニアに人気の「赤い18きっぷ(常備券)」は私は持っていません。 他の乗客が持っているのを見たことはありますが。 10年か15年前までは現在のように1枚で5日間使う様式ではなく、1枚が1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の切符~国鉄・JR指定券様式の変遷

日本の鉄道切符のコレクション(といえるような整理・管理はしてませんが)の画像を撮影したので、世界の切符に続き日本の切符の紹介をはじめます。 1回目はタイトルの通り、みどりの窓口で発券される切符の様式の変遷を紹介します。 JR発足以前の国鉄時代のものからいきます。 これは大学生の時に乗った寝台特急「日本海」の特急券・寝台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の切符~中国編(7)

世界の切符中国編、今日が最終回です。 今日は「硬券」ではなく「軟券」を紹介します。 今回紹介する「軟券」は車内補充券様式です。 が、すべて駅の切符売り場で切符を買ったときに出されました。 まずはこれ。 景徳鎮に旅行に行った帰りの、中華門駅(南京の南のターミナル)までの普通列車の切符です。 駅の切符売り場で買ったの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の切符~中国編(6)

世界の切符中国編、今回は「国際列車」中国本土~香港の直通列車の切符を紹介します。 まずは留学中の1987年に香港から広州まで乗った時の切符。 当時、香港はまだイギリス領でしたので、この時乗ったのは名実ともに国際列車。 香港側の駅名が「九龙(九龍) Kowloon」なのは、香港のターミナルが香港島ではなく九…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の切符~中国編(5)

世界の切符中国編、今回は入場券と面白いパターンの切符を紹介します。 まずは入場券。南京駅のものです。 次はこれ。 上の切符は上海~南京の特快軟座の切符ですが、下の切符は 「冷房料金」 の切符なのです。 当時の中国では冷房付きの列車は珍しく、冷房の入る車両に乗るときは冷房料金が別途必要でした。 最後にこれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の切符~中国編(4)

世界の切符中国編、今回は寝台券を紹介します。 中国で初めて寝台車に乗ったのは北京から南京への帰り。 1等寝台に当たる「軟卧」を利用しました。2等寝台「硬卧」でよかったんだけど売り切れで買えなかったので「軟卧」にしたように記憶しています。 急行乗車券と寝台券が1枚にまとめられてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の切符~中国編(3)

世界の切符中国編、3回目をお届けします。 25年前、中国の旅客列車の種別は3種類でした。 日本のJRと同じく、種別により料金が違い、切符を見ればどの種別の切符かすぐわかるようになっていました。 まずは日本の「普通」にあたる「客」の切符を。 これが当時の中国の切符の基本形です。 乗車区間を日本の漢字で書くと「馬鞍山~…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の切符~中国編(2)

世界の切符中国編2回目、今回からは1986~87年に南京に留学していたときの切符をお目にかけます。 まず、当時の切符の基本形。 見ていただいたらわかるように、南京から北京に行った時の切符です。 「硬座」と呼ばれる2等座席車で行きました。 今でもそうですが、中国の列車は始発駅から硬座利用の場合は全席指定です。指定席…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の切符~中国編(1)

さて、世界の切符も最後の国、中国編に突入です。 まずは新しい切符の紹介。 と言っても4年前のものですが、現在もたぶん様式は変わっていないでしょう。 (もし変わってたらぜひ教えてください) コンピューター発券になってます。 この時の旅行では香港に飛行機で入り、広州経由厦門(アモイ)まで行きました。 広州~ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の切符~台湾編(2)

私が初めて台湾に行ったのは1989年。大学の卒業旅行でした。 そのときは有名な阿里山鉄道にも乗ったりしたのですが、その旅行の資料が鉄道の切符も含めて見当たりません。 そこで、1997年に台湾に行ったときに使った切符を紹介します。 台北近郊のローカル線として今では観光客にも有名になった「平渓線」に乗りに行った復路の切符で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の切符~台湾編(1)

今朝は早起きして時間があるのでもう1本記事を書きましょう。 世界の切符・台湾編です。 まずは今年の4月に旅行した時の切符。 発券駅によって微妙に記載事項が違うのを見てもらうため、2枚並べてみます。 上の切符は台北駅発行。下の切符は花蓮駅発行。 台北駅発行のものはアルファベットの表記もあって外国人利用者に優しくな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の切符~韓国編

世界の切符、今日は韓国の切符を紹介します。 5年前に2回目の韓国訪問をし、新幹線KTXに乗りました。 その切符がこちら。 この切符はソウル駅のKTX専用切符売り場で買いました。 私は韓国語ができないので英語でお願いしたら、係員のお姉さんも英語でいろいろと説明してくれ、補足の書き込みもしてくれました(「car」「sea…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の切符~ヨーロッパ編(2)

前回の続きです。 4年前にスイスとデンマークのオリエンテーリング大会参加のためヨーロッパに行った時の切符です。 日本からはまずジュネーブに入りました。 スイス内はまず普通乗車券で移動。 前回記事で紹介したバーゼル~ブリュッセルの切符はスイス国鉄発行のものですが、これもそう。 11年間で切符の様式がすっかり変わっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界の切符~ヨーロッパ編(1)

今回はヨーロッパの切符を紹介します。 まずは15年前にスイス・ベルギー・イギリスに行ったときの切符を。 このときはスイスパスと、開業したてのユーロスターの切符を日本で発券していきました。これらの切符も一応ヨーロッパ仕様なのですが日本で発券した切符を載せても面白くないので、現地で買った切符だけ紹介します。 まずは普通の長距離…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more